競売物件は正しい知識を持って落札しよう
最近、競売物件という言葉をよく聞くようになったと思います。競売にかけられた物件に対して、一番高い金額を提示した人がその家を購入できる、いわゆるオークション形式のものです。これで物件を購入すると、普通に物件を購入するより安く買うことができてお得だったり、中には程度や立地などもよい掘り出し物があったりします。元々競売物件は不動産屋が落札し、それを私たちが購入する流れでしたが、近頃は私たち一般の人間も競売に参加し、不動産屋を介さない分、さらにお得に買えたりすることもあるようです。

仙台 競売

ただ、これには注意が必要です。安く買える分、それ相応のリスクが伴います。競売物件は、占有者の意思とは関係なく売りに出されていることが多いです。そのため立ち退きを拒否してくることがあり、その対応も自分でしなければいけなくなります。占有者が見つからない場合もありますし、そこに暴力団などの人が絡んでくることもしばしば。

不動産取引に関する相談(無料)/町田市ホームページ

それに、もしそういったものに対処ができたとしても、競売物件は中古で売り出している商品とはまた少し違うため、購入後に物件の修繕などをしなければならないこともあります。安く落札できても、最終的にたいして変わらない金額になってしまったら意味がないですしね。

ゆずが丘優良田園住宅 - 柴田町

新築、中古など普通の物件、競売物件など、選択肢は数多くあります。私たちの知識でどれだけ調べても、そこに経験もプラスされた不動産屋には敵いません。本当に最良な手段はなんなのか。仮に競売物件を購入する場合も、どんな手続きが必要で、どんなトラブルの可能性があるのか、そして本当にお得なのかをしっかり調べ、ちゃんとした知識をもって落札したいものですね。