先祖の眠る墓石はいつも綺麗にしていたい
最近は核家族化や分家が多くありますから、新しいお墓を購入する方も多く増えています。しかし、新宅家などではなく代々と続いている家であれば古いお墓を所有している家庭もかなり多いのではないでしょうか。そして、そのお墓には先祖代々が入っていることになります。自分があったことも無いほどの昔の先祖もそこで眠っている場合もありますので、そのような由緒ある先祖の眠る墓石はいつも綺麗にしておきたいです。

駅紹介 | 久留米駅紹介 | キラリ久留米 | 久留米・新幹線活用プロモーション特設サイト

私は分家の人間なのですが、母屋である実家からはそれほど遠く離れておらず、先祖の眠るお墓も少し車で走った程度の霊園に存在しています。それゆえ、先祖代々のお墓は定期的におとずれて掃除であったり花の入れ替えなどを行っています。

記念碑等

母屋の人間では無いのにそこまでする必要はないのではと思われるかもしれませんが、先祖は私たちにとって生命のバトンを繋げて来て下さった感謝すべき存在です。その感謝は、その子孫である以上何らかの形で恩返ししていかなければならないと思います。もう亡くなっている以上、なにもしてあげられませんから、せめてもとお墓の掃除や整備くらいはさせてもらっているのです。また、建てられてからかなり長い年月、雨ざらし日ざらしに耐えてきた墓石ですから、どうしても汚れが目立ってきてしまいます。ですから、これ以上汚れが目立たないようにも努めています。

宮城 墓石

実際、お墓参りをする度に思いますが、先祖の存在あっての自分なのだなという実感をその都度感じて居ます。先祖にはこれからも安らかに眠って頂き、時折私たち子孫を見守ってくれたらとの願いを込めて、これからもお墓を綺麗にすることは続けていきたいと思っています。